エッセイ VOL.5 常識と非常識。強さと弱さ。その加減。

年中無休(不定休)で24時間
大津・草津・守山で人気!
電話受付/面談/電話相談対応の
【滋賀悩み相談室】です。

一昨日のことなのですが、午前10時から滋賀県彦根市にお住まいの彦根さん(仮)47歳男性が悩み相談に来られていました。

相談内容は、うつ気味ということもあるのですが、人目が異常に気になってしまうことや、行き過ぎていると自分でわかっているのに潔癖すぎる・キレイ好きすぎるところを加減できず、それを人にまで求めてしまうといったお悩みでした。

※最低限だけ記載させていただくことは彦根さんの了承を得ています。

彦根さんとしては常識を守らない人が大嫌いで軽蔑する、と。
そしてその感覚が過剰であるとして他人から蔑視されているのではないか、という
お悩みでしたが、カウンセリングの中での話の多くは、それでも
「自分はキレイ好きで潔癖症で曲がったことが大嫌い。これの何がダメなのか」
ほぼ、この意見の是非に終始いたしました。

もちろん答えや結論は出ず・・・というか、私としては
何事も行き過ぎてはよろくしくはないですよといった感じで
あくまでも加減が大事というような話をしましたが、
彦根さんはその加減ということが出来るようになりたいとして
一緒に例題を採り上げては「どんな事柄ならどれぐらいが妥当か」を1つ1つ
話し合っていきました。

その彦根さんの悩み相談を終えたあと、
私はランチの約束があり彦根方面を走っていました。

そこで、タイミング的に(考えさせられるなぁ)と思う出来事が起きたんです。

滋賀県大津市から彦根市へ向かう道中のけっこう長い直線の山道を走っていた時です。

割と新しいタントが道端に停車しているのが少し遠くから見えました。

そして運転席から女性が出てきて、中から大きなゴミ袋?を2つ取り出して、ゴミ捨て場でもなんでもない、山道の途中、ただの道路に、放り投げて捨てました。

しかも後続車というか、走って近付いてくる私の車を少し意識していたのか、私の方を見ながら、私と目が合っているかのように向き合っている状態でわかった上で放り投げて捨てていました。

私は驚きました。
先ほど、非常識な人が大嫌いで、キレイ好きで、それが行き過ぎて
人目が気になるという彦根さんと話していたその直後に、

私と面と向き合いながら山中にゴミを平然と捨てる女性。

新しいタントに乗った、おそらく50歳ぐらいの女性。

偶然にも正反対な人を目の当たりにして私は黙ってしまいました。
(元から1人で移動してましたから喋ってませんけど。)

そして私は、その女性に注意する勇気はなく、通り過ぎてしまったことに忸怩たる思いで今この文を書いているのですが、私も自分勝手なものです。

ゴミを山中に捨ててはいけないという常識はあり、
できれば注意したいと思う正義感も一応はあり、
しかし逆切れや逆恨みなどの怖さから注意ができない弱さ。

正直、
「ジーッと他人を睨むように見ながら不法投棄できるような人だから話が通じない気がする」
「逆に絡まれたら怖いな・・・」という気持ちが先にきてしまいました。

これを先ほどカウンセリングに来られた彦根さんが遭遇していたら車を停めて注意しに行ったのかな?

いくら正義感や常識感が強くてキレイ好きでも、これはまた別かな?

わかりませんが、停まっているタントが見えてから不法投棄を目の当たりにしてバックミラーからも見えなくなるまでの30秒もないような短い時間に、いろいろな考えが頭の中を巡りました。

自分勝手な結論としては、
自分はゴミの不法投棄はしない。
そんな勇気もないし、あんなに見苦しいこともない。
そう思いました。

「だから何」というような話になりますが、
人間って難しいなぁと思った、という話でした。

——————–

一人でも多くの方の目に留まりますように・・・

年中無休(不定休)で24時間
大津・草津・守山で人気!
電話受付/面談/電話相談対応の
【滋賀悩み相談室】です。

 HP → http://ok-nayami.net/
ブログ → http://ok-nayami.hatenablog.com
TEL → 080-8519-1481(カウンセラー直通)
メール → メールでお問い合わせ
※メールだけでなく電話受付も相談も24時間対応

相談者は滋賀大津草津だけでなく三重・愛知・福井・岐阜・石川からも多く来られています。

当ページのキーワードは大津,草津,守山,栗東市・野洲市・甲賀市・湖南市・東近江市・近江八幡市・日野町・竜王町・彦根市・愛荘町・豊郷町・甲良町・多賀町・米原市・長浜市・高島市です。