エッセイ VOL.9 親だからこそ難しい

滋賀県大津市に住む草津さん(18歳)女の子が悩み相談に来ました。

学生さんです。かわいらしい笑顔と表情で人受けの良さそうな印象でしたが、その笑顔の次の瞬間には嘘みたいに冷めた顔をする、さっきのは愛想笑いだったのがすぐわかってしまう子です。

本人も自覚していました。小学生の低学年の頃から、いろんな事に冷めていて、何にも興味も関心もないそうで、

でもその本心を周りに悟られない程度には愛想がよくて、誰にもこんなに生きる気力がなく人生に絶望しているというのを話したことはない、ということでした。

私は聞いてみました。「絶望するような出来事があった?それか、希望を持てることがまだないって事?どっち?」

草津さんは「両方、だと思います。小さい時のトラウマ?で、そこからダメですね。」

真顔のままスーッと涙を流すのを見て、(あー、マジのヤツやな)と感じました。

いわゆる「思春期」という事でなら、広く浅く誰でもがいろんなことに疑問を持ったり興味を持ったり、関心を持ったり怒りを覚えたり、理解が出来なかったり逆らってみたり。ありますが、今回のような話し方・表情を見せる子は「思春期」では片付かないハッキリとした理由がある場合があります。

それは同級生・先生・親などの人的要因で起きる場合が多いのですが、小学生の低学年以降ずっとということは、今も原因となる理由が身近に存在し続けている可能性が高い。

「お父さんかお母さん?」と聞くと、「そうです。」と答えた彼女は真顔のまま、しかし少し表情が険しくなったように思えました。

「何か言われた?何かされた?今も続いてる?」と聞くと、

「2つ上にお姉ちゃんがいるんですけど、私が7才ぐらいの時に、比較されてと思うんですけど、この子もしかして発達障害ちゃうか、って言われたんです。」

「ふむ。」

「お母さんがお父さんに言って、お父さんも否定しなかったんです。」

「ふむ。」

「それから、あぁ、私は発達障害なんや。病気なんや。いらんのや。って思って。じゃあ、なんで産んだん。お姉ちゃんだけでよかったのに。って思うようになって。」

「ふむ。話してる限り発達障害と思うところはないけどなぁ。自分である?」

「もう、私はそうって思い込んでしまってるから。でも、そういえば物忘れがヒドいとか。」

「それは先生も一緒やで。めっちゃ忘れるもん。でもな、物忘れが病気の症状かってのを判断するには考え方があってな、忘れたことを覚えてるなら大丈夫で、忘れたことを忘れっぱなしやとちょっと危険なんや。もちろん偶然もあるから何でも病気な訳じゃないけどな。」

「忘れたことを覚えてたら大丈夫?」

「そうそう、例えば自分の部屋から出てリビングにハサミを取りに行こうとするやろ?で、リビングに入ったらアレ?何しに来たっけ?ってなるとするやん?これは大丈夫ってこと。」

「へぇ~!」

「これが、目的すら忘れて、忘れたことも忘れて普通に座って違和感なくテレビを見だしたらちょっと心配の始まりかもなーって感じ。だからアレ!?って思う内は何も心配いらんよ。」

「あ、そうなんですか!じゃあ私、大丈夫かも。」

「うん。お母さんとお父さんも本気じゃなかったやろし、ちゃんと健康に成長してほしいから、心配しすぎていらんこと気にしただけで、それって愛情の形なんやで。」

「・・・そうかなぁ。」

「そうやって。」

・・・というような話しをして、草津さんの悩み相談を終えたその数時間後、知らない番号から電話がかかってきて珍しいことがあって驚きました。

「すいません、草津ですけど。」

「はい。えーっと?」

「あの、先ほどウチの娘の香奈がそちらに伺ったって聞いて・・・」

「あぁ!はい、来ましたよ。どうされましたか?」

「家に帰ってきてから積極的に私に話しかけてくれだしたんです。もう10年ぐらいほとんど会話がなくてずっと心配してたんですけど。」

「そうなんですか!良かったですねぇ。」

「それで、なんで急に?って聞いたら先生の話をしてくれて。」

「あ~。」

「黙ってそういうところに行ったのは、そこまで思い詰めてさびしい思いさせてたんやと思ってショックでしたけど、でも先生のところで気持ちを治してもらえたみたいで、ありがとうございます!」

「いえいえ、嬉しいですね!良かったですね!」

「はい!それで、もしまた香奈がそちらに伺うことがあったら是非よろしくお願いします。ちゃんとお礼を言いたかったんで電話させていただきました。」

「それはそれはご丁寧に。もちろん出来るだけのことはさせてもらいますので。」

と、良いお母さんじゃないかと嬉しくなった一件でしたとさ。

人間関係,家庭環境,教育相談,子育て相談,家族関係といった問題は得てして第三者に自然に諭してもらえれば案外とスッキリ解決できることがあるという良い例になりました。だからって簡単ではないので、だからこそ存在感をもって今後もお役に立っていきたいと思います。

——————–

一人でも多くの方の目に留まりますように・・・

朝・昼・夕方、夜も深夜も朝方でも
いつでも大丈夫な24時間対応
大津市・草津市・長浜市・東近江市・彦根市・甲賀市
京都市・宇治市・亀岡市・舞鶴市・城陽市・長岡京市
奈良市・橿原市・生駒市・大和郡山市・香芝市・天理市で
利用者が増えています!

電話受付/面談/電話相談対応の
【滋賀悩み相談室】です。

 HP → http://ok-nayami.net/
ブログ → http://ok-nayami.hatenablog.com
TEL → 080-8519-1481(カウンセラー直通)
メール → メールでお問い合わせ
※メールだけでなく電話受付も相談も24時間対応

お問い合わせ・ご予約・カウンセリングの数が増えております。
完全予約制・有料サービスということをあらかじめご理解の上で
お問い合わせ・お申し込みをお願いいたします。

滋賀/京都/奈良/大津/草津/悩み相談/人生相談/人間関係/家庭環境/会社職場/学校部活進路/家族夫婦兄弟姉妹/性SEX

error: Content is protected !!